日焼け止めクリームの仕組みとは?

日焼け止めの大切さ

日々、生活を送っていると外出したときなどに紫外線を浴びてしまいます。特に、夏場などは紫外線の量も増えますし海やプールに出かけたり長時間外出したりした時に日焼けをしてしまうこともあるでしょう。日焼けをした直後は、非常に肌がデリケートな状態になっており、入浴をしたときに肌が染みて痛い思いをしたことがある人も少なくはないでしょう。実は、日常生活を送っていると気づかないうちに紫外線を浴びているものですが、その紫外線が私たちの肌にダメージを与えているんです。

肌には、肌の奥に真皮層と呼ばれる層があります。この真皮層には肌のハリを支える働きがありますが、紫外線は長時間浴びることによって真皮層にまで深刻なダメージを与えてしまいます。そのダメージによって、将来的に肌のシワやたるみなどが発生してしまうリスクも高めてしまいます。そういったことを防ぐためにも、紫外線によって受ける肌のダメージは少しでも軽減させておくのが賢明でしょう。

また、日焼けをすると肌が焼けたという表現がよくされます。紫外線を浴びることで肌に刺激を受けますが、その刺激によってメラニンと呼ばれるものが発生します。そのメラニンが肌が黒くなる原因です。女性としては、白くて綺麗な肌で居たいという人が多くいらっしゃいます。日焼けをしてメラニンが発生することで肌が黒くなっていったり、シミの原因にもなってしまうので、紫外線のダメージを受けないためにも日焼け止めが大切です。